湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

カテゴリ:カラーコーディネート( 6 )

気になる色


今、気になる色・・・

それはブルーです。

ペールブルーから、ウェッジウッドブルーにかけての上品な色合い。

この色の静謐なイメージに惹かれます。

f0112304_043441.gif


この秋冬のトレンドカラー、パープルは、一番大好きな色で、その流行はとても嬉しかったのですが・・・・・・


食傷ぎみです。


大人っぽい、ミステリアスなパープルに対して、清純で、シンプルなイメージのブルー。
色味としては、青よりの近い色ですが、その色が持つムードは、全く異なります。

こんなブルーのカシミアニットに、ベージュを合わせて、控えめながら、優雅な存在感のある着こなし・・・

いいなぁ。

パープル&ブラックの方が似あう「サマー」タイプの私ですが、来春にかけてちょっとチャレンジしたいカラーコーディネートです。



そうそう・・・

ブルーといえば、今、女の子のランドセルの色のトレンドはブルーなのですね。
伝統的な赤が交感神経を刺激する色なのに対して、ブルーは副交換神経を刺激するリラクゼーションカラー。
ブルーを基調としたジュニアのファッションブランドの流行の影響しているとか。

小学生の子供を持つ母親は、私と同年代だから、「水色の似あう女の子にしたい」親の気持ちもとても理解できます。

ただ、視認性という意味では、断然赤が有利。

ブルーの方が汚れも目立ちます。

女の子の誰もが好きな色はやはり赤やピンクでしょう。

それでも、ブルーが人気なのは、時代が要請している色なのかもしれません。
[PR]
by slow-beauty | 2008-12-08 01:03 | カラーコーディネート

母のコラム

仕事と帰省を兼ねて、神戸、山口の旅に行ってまいりました。

神戸はいいなぁ。
こじんまりとした街だけど、生活やおしゃれやグルメを楽しむ風土がある。
それも、非日常的なものにお金をかけるのではなく、日々の暮らしの中で楽しむ。

神戸では、仕事をした後、母のいる山口へ。

まもなく70歳になろうかという母は、遠目には20歳若く見える。
なにより姿勢がよい。
「しゃんと」している。


私の仕事の参考になりそうな新聞の切り抜きや、本などをいつも用意していて渡してくれる母。

今回は、「感性価値」に関するコラムと、色と音の「共感覚」に関するコラム。

ともにとても興味深く、仕事のイメージを膨らませるのに役立ちそう。


何よりも「情緒教育」を重んじた「感性派」の母と、毎日を楽しむ神戸の気質。
これが自分の中の柱になっているような気がする。

形にしづらい「感性」を自分のスタイルでビジネスに結び付けてゆくこと。

それに価値を見出していただけうように、日々精進したいと改めて思いました。
[PR]
by slow-beauty | 2007-11-16 20:46 | カラーコーディネート

化粧品のパンフレット

化粧品のサンプルを広げながら、パンフレットの原稿書きです。

ファンデーションと、リップの色についてカラーリストの視点から最適な色選びをレクチャーするというもの。

f0112304_1014376.jpg


マンツーマンでお客様と接する仕事も、大人数の前での講義も好きですが、「書く仕事」も大好き!
色のニュアンスや、その楽しみ方を、どのような言葉で伝えるか・・・

読む方の心持ちをイメージしながら書き進めます。

似合う色を知ることや、ご自身を演出することで、どのように日々が変わるのか。

自分を好きになることで、人とのコミュニケーションや、自分の習慣や行動など、思わぬ波及効果があるはず。

ただ、似合う色をご提案するだけではなく、その方をHAPPYへ導くアドバイスを。。。


それが、セブンシーズンの真髄なのです。
[PR]
by slow-beauty | 2007-08-30 10:19 | カラーコーディネート

選挙!

今日の新聞に、参院選終盤情勢として、民主党のリード拡大とでていた。
電話による全国世論調査の結果、民主党が45%、自民党が31%という結果だったそう。

選挙戦が始まると、注目するのがポスターのカラー、写真、コピー。

今回の自民党のコピーは、「成長を実感に。 改革実行力」となっています。
この「成長を実感に」という言葉は、様々なメディアで流されているけれど、あまり共感できないと感じるのは私だけでしょうか。
実感するか、しないかは、国民の意思なので、それを強要されるような妙な感じがします。

又、ポスターの安倍首相の視線は、左ナナメ上を見ています。
これも、なぜ?
今、安倍首相に求められるのは、信頼感と包容力ではないでしょうか。
若くてもしっかり国民の要望を受け止められる責任感溢れる人柄を表現したいところ。
なのに、左ナナメ上の視線のおかげで、なんだかはぐらかされているような気がします。
ここは、しっかりカメラ目線で、国民と目をあわせた方がよかったのでは?

もちろん「成長」というキーワードとリンクさせて、ナナメ上を見るスタイルで。という意図はわかりますが。

対する民主党
小沢代表は、上を向いた顔を右ナナメ下から撮っています。
年齢と共に、下がってきた目じりを逆に凛々しくみせているのはよいと思います。
「国民の生活が第一」というコピーは、語呂はよくないですが、誠実なイメージを出していることと、政党側の考え方を示している点が、自民党と違うところでしょう。

テーマカラーは、自民党の青に対して、民主党の赤。
光の波長の長い赤の方が、刺激が強く、人を動かす力があります。
自民党の「改革実行力」は、もっと強烈な力強さでみせるべきだったのかもしれません。

いずれにしても、有能な広告代理店の方々のコーディネートのもと出来上がったイメージ。
皆さんは、どのように感じられますか?
[PR]
by slow-beauty | 2007-07-27 23:34 | カラーコーディネート

MUSIC&COLOR

今日は、音を色に置き換えるという作業をおこなった。

これから、この色たちが小さな曲になったり、教則本の色になったりする。

音も波長、色も波長。

どれだけ感じることができるか、どれだけ表現できるか、

それがカラーコーディネーターの腕のみせどころです。

f0112304_2348548.jpg

[PR]
by slow-beauty | 2007-05-22 23:48 | カラーコーディネート

絵本


色を楽しみたい時、絵本を見るのもよいと思います。
カラフルで、心躍る色たちのオンパレード!
難しい制約なく、自由に描かれた絵の配色は、子供でなくてもワクワクしてきます。

最近のお気に入りは「ショコラちゃんシリーズ」

f0112304_2255582.jpg


大胆な配色は、海外のものかと思っていましたが、日本の作家さんのもの。
しかも、作者の中川ひろたかさんがオーナーの絵本カフェが鎌倉にありました!
ソングブックカフェ

こじんまりとした店内には、絵本がいっぱい!

絵本作家になりたい・・・

そう作文に書いたのは6年生のときでした。

絵本作家にはなれないかもしれないけれど、色を使って多くの人を幸せにするという仕事につけたのは幸せなことだと思うのでした。。。
[PR]
by slow-beauty | 2007-05-21 22:22 | カラーコーディネート