湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

カテゴリ:色彩心理( 1 )

色のない記憶


f0112304_22242586.jpg



このカラフルなイモ虫みたいなのは、私の色年表です。

生まれてから今までを色であらわしたもの。

カラーヒストリーです。


カラフルな色の中央に、グレーがあり、セパレーション効果を出しておりますが。。。

これは、阪神淡路大震災にあった時です。

以降、疎開生活の1年は、グレーでしか表せません。


グレーの服しか受け付けない状況であり、その後東京へでてきた時は、全てが素晴らしく美しく見え、お姫様になったような気分でした。

この1年と、前の結婚生活5年間。

この間のことを思い出そうとして、不思議なことを発見しました。


「記憶に色がない。」

のです。

あらゆるもののの色が思い出せない。

ビジュアルを色をともなって思い出すことができない。

無彩色の世界です。


その前後の記憶は色に溢れており、結婚生活も、家庭外のことは色彩をともなって思い出すことができるというのに。


色彩というのは、心の潤いであり、希望であり、自他に対する期待なのだと思います。

色がないというのは、ある種の「あきらめ」を意味しているのではないでしょうか。


そのような紆余曲折を経ながらも、すばらしく充実した40代を迎えることができ・・・

現在は、光をいっぱい含んだイエローの気分です。

これから、何色に輝こうか・・・!

潤いと、希望と、自他に対する期待に溢れた「今」があることに、感謝せずにはいられません。
[PR]
by slow-beauty | 2009-02-28 22:37 | 色彩心理