湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

カテゴリ:ママライフ( 32 )

15組!


昨日は、15組の母子が集まり、プール大会となりました。

幼稚園へ行っているお友達も多く、普段は、なかなか集まれないので夏休みはチャンス!

我が家のリビングやデッキは、それこそ幼稚園のような賑やかさで、とても楽しいひとときとなりました。

赤ちゃんのときから知っている子も多く、その成長ぶりに心があったかくなるひとときです。


f0112304_5312185.jpg


f0112304_5313586.jpg

[PR]
by slow-beauty | 2009-08-20 05:32 | ママライフ

英語レッスン


自宅で子供の英語レッスンがスタート。

ご近所に住む、米国人の友人が先生をしてくださることに。

3歳~5歳のガールズは、英語にまったく壁がなく、楽しく遊んでいる間に時間が過ぎてゆきます。

f0112304_21481690.jpg



わが子は、最近こんなことを。

「ママ!ピーナツ!ピーナツ!ピーナッチャ!のビービー見たい~!」

なんのこっっちゃ?と思いましたが、答えは、clean up! clean up!というお片づけの歌のビデオでした。

clean up!を、クリーンアップと言わず、<ピーナッツ>と言ってしまうのがスゴイ。

とにかく聞こえたまま発音する今、何か英語の環境に触れさせてあげたいと思っているのです。


あとは、語学のためには、旅だな~

いっぱい旅しようね~
[PR]
by slow-beauty | 2009-07-04 21:53 | ママライフ

4月1日。

うちのチビッコは今日から進級です。

「おまめ組」から「おいも組」へ!

まめ から いも になるというのは大きな成長ですね!

今まで、親が持っていたお道具も、今日から小さなリュックに入れて、自分でしょっていきます。

真っ赤なリュックを買ったのですが、その後渡された指定の帽子が、グリーンと黄色の2色配色。

なんとも派手ないでたちでスタートです。


さて、親も少しは進化しなければなりません。

朝食を食べながら、夫と久しぶりの経営会議です。


今日のテーマは、ONとOFF。

夫がいつも「ON」であることがとても気になっていた私は、思い切りつっこんでみました。

で、とうとう気付いてくれたようです。

いつも「ON」であることに!



あ~よかったな~と思い、子供を送って帰宅すると、猛烈な勢いで、風呂場を修理中。

そして、お昼は、会食へとそそくさと出て行く模様・・・・


子供のオモチャのように、「ON」 「OFF」のスイッチを取り付けない限り、この状況は変わらないようですね~
[PR]
by slow-beauty | 2009-04-01 11:02 | ママライフ

失恋・・・・


悲しい・・・

ただただ悲しい・・・・

思いを寄せる人に「キライ」と言われ・・・・



久しぶりに落ち込んでます。

何年ぶりでしょう。

こんな気持ち・・・・・



毎夜、泣くんです。

「パパと寝る~!!!ママキライ~!!!」

2歳のムスメです。



3日も続くと落ち込みます。

パパと二人で暮らすとまで言われ、荷物をまとめそうになりました。

ハートブレイクです。



子供を思う気持ちなんて片思いでいい。
と思っていたのですが、さすがに寂しいなぁ~。
[PR]
by slow-beauty | 2009-02-08 23:12 | ママライフ

幼児教室にて。


「さぁ帰るよ!」と子供の手を引っぱったところ・・・・


「痛い~!!痛い~!!痛い~!!」
と泣き始め・・・・

どうも、抜けちゃったようです。


その後彼女は、1時間半ほど泣いて、左手はダランとして使えず、ちょうど昼すぎで病院も閉まっており、大いに動揺しました。

氷で冷やしては、

「ごめんね~・・・・」と。


結局、1時間半経過したら、自然に入ったらしく、午後の病院の診断でも、そのように言われました。

小さくて細い腕。

確かに強く引っ張ると痛んでしまいそうな手。

守ってあげるはずの母が、娘の手を痛めてしまって、大いに反省でした。



キティちゃんの音のでる絵本とアポロチョコでカンベンしてもらいましたけど♪


f0112304_013156.jpg

[PR]
by slow-beauty | 2009-02-06 00:04 | ママライフ

私の主宰するセブンシーズンカラーズの受講生で、小さなお子さんがいらっしゃる方が増えてまいりました。
又、卒業生もベビーラッシュで、家庭と仕事のバランスが彼女たちの大きな課題になってきています。

私自身、2歳8ヶ月の子供を持つ母親として、又、小さな会社を営む経営者として、そのタイムスケジュールや、自分の立ち位置は、試行錯誤の繰り返しでした。

出産後、本当に小さな赤ちゃんを、保育園に入れて、仕事に邁進するママもいらっしゃいます。
お勤めの場合、産休期間も決まっていますので、そうせざるをえない状況の方もいるでしょう。
又、フリーランスとして活躍する方も、保育園と、ご両親の保育をフルに活用し、さっさと仕事復帰される方もいます。
仕事はするべきものと、「腹をくくったワーキングママ」たちです。

一方で、仕事をしたいような気もするけれど、子供とも一緒にいたいという「悩める子羊ママ」たちも多数います。
自由になれるわずかな時間では、思うような仕事につけず、なかなか仕事モードにシフトできない方も多くみています。

さらに、仕事はしたいものの、ご主人の希望で、ひとまず家の中に落ち着いている「私だっていつかはママ」もいますね。


フリーランスの仕事の場合は、立ち位置を自分で決めることができ、自由度も大きい分、迷いもあります。

ただ、ひとつ言えることは、「全ては手に入らない。」ということ。
そして、「それでも理想に近い形は自分でつくれる。」ということです。


★全ては手に入らない。

「ず~っと子供と一緒にいたいけれど、仕事でよい収入も得たい。」
工夫すれば可能な世界ですが、すぐに実現するのは難しいですね。


「ママたちとのおつきあいを大切にしたいけれど、自分の収入も欲しい。」
しっかり自分の収入がほしければ、度重なるママ友達との交流はあきらめた方がよさそうです。


「専業主婦の優雅さに憧れるけれど、キャリアウーマンのかっこよさにも憧れる。」
ここまでくるとワガママとしか言えません。。。。


全ては、手に入らないのです。
何かを我慢し、何かを得る。
その決断のためには、一番大切なもの、二番目に大切なもの、絶対にしたくないこと、この3つが分かっていることが必要です。



★それでも理想に近い形は自分でつくれる

フリーランスの場合、仕事のスケジューリングが自由になる分、理想のライフスタイルを作りやすいと思います。
全てを手に入れることはできないけれど、工夫次第で理想形は作れるのです。

私は、週3日の保育園一時預かりと、ベビーシッターを組み合わせて乗り切っています。
平日に、娘といる時間もあり、保育園に行かせている間は、仕事に没頭できる。
信頼できるベビーシッターの方も、力強い見方です。
そして、同じくフリーランスの夫の協力も。

来春からは、又、形が変わるかもしれませんが、その時々の仕事の状況、子供の状況、自分の希望にあわせて、ライフスタイル、ワークスタイルを組んでいけばよいのです。

我慢しなければならないこともあります。
体力的に大変なときもあります。
それでも、家族の笑顔と、仕事の充実の両方を手に入れることはできるのです。


迷える子羊ママや、私だっていつかはママたち。
「今の私で、何か人の役にたてることはないか?」を考えてみてください。
きっときっと、何かみつかるはずだし、ビジネスの種が眠っているかもしれません。
もしみつかったら、それを人に話してください。
実際に、誰かの役にたってみてください。


腹をくくったワーキングママたち。
「あと1週間で死んでしまうとしたら何をするかな。」を考えてみてください。
子供と過ごすわずかな時間が、とてもいとおしく、全力で愛してあげることの大切さを再認識するのではないでしょうか。


私自身は、新米ママですが、多くの女性たちと接する中で感じたことを書いてみました。

自分の幸せを自分でつくれる女性。

そんな女性を、たくさん増やすことが、私の仕事のミッションです。
[PR]
by slow-beauty | 2009-01-18 22:53 | ママライフ

泣くんです・・・・


最近、娘(2歳)が、泣くんです・・・・


お風呂の中で・・・・


湯船を指差して・・・・・


おばけがいるって!!!


最近、毎回なんです。



何か見えてるんでしょうか??????



このおばけ屋敷に、明日は大勢の人が訪れます。
[PR]
by slow-beauty | 2008-12-22 22:29 | ママライフ

ついにデビューです。

2歳7ヶ月で。

ディズニーランド!!!


f0112304_2222423.jpg




が・・・・・!

反応、ウスッ!!!

むっつりしていて、どちらかというと、涙までためて辛そうです!!!


華やかなパレードにも、列車に乗っても、ジッと我慢しているような表情で。


唯一反応したのは、芝生の上のホンモノの「鴨」です。



あ。。。。まだ早かったかしら。。。。



後悔に襲われた頃、ダンボのアトラクションに反応♪

プーさんのショップに反応♪


というわけで、すこしづつテンションが上がってまいりました。


が・・・・ヨソの子に比べると、あまりノリがよくありません。


親子ともへとへとになって家に帰ると、家の中では、飛んだり跳ねたりしてエキサイト!


究極の内弁慶の子がここにいます。
[PR]
by slow-beauty | 2008-12-11 22:27 | ママライフ

高熱

今度は、子供です。。。。

朝、目覚めたら、やたらと子供の体が熱い!!!

熱をはかったら40度近い熱が。

なんだか苦しそうで、慌てふためいてしまいました。


本日予定していた打合せもキャンセルに。

忙しい中時間をつくっていただいていたので、本当に申し訳なく・・・・

でも、苦しそうなチビがいて・・・・

こんな時・・・・ワーキングママたちが、本当に自分の無力さに肩を落とす瞬間だと思います。

仕事を抜ければ誰かに迷惑をかける。

子供をおいていけば、気がかりで。

自分が今、しなければならないことは何か。

自問自答が続きます。



こころよく日程変更に応じてくれたスタッフに感謝。

多くの方に支えられて、ママ社長は、それでもすすんでいくのです。
[PR]
by slow-beauty | 2008-11-25 21:15 | ママライフ

どんぐりとケーキ


洗濯機をまわしていると、ガランガランと不穏な音がすることがあります。

大抵の場合、主人がポケットに入れたままの小銭。

最悪の場合、主人がポケットに入れたままの携帯電話。(過去2回ありました。)

最近は・・・

かわいいですよ。

子供がポケットに入れたままのどんぐりです。

f0112304_23203062.jpg


うちの子は、ポケットとか、バッグとか、何か入れるのが大好き。

子供にとってポケットやバッグは、夢を詰め込む小宇宙みたいないものです。

私も小さな頃からポケットやバッグが好きだったなぁ。

特に「バスケット」が好きで、ふかふかウサギという絵本の中で、ふかふかウサギのトントンが持っていたバスケットが、素晴らしく魅力的に見えました。
確か、とても美味しそうなものがたくさん詰まっていたはず。

同じものでも、ポケットやバッグで囲まれた途端に、その価値は何倍にも膨らみます。

その意味では・・・

数日前に食べたアフタヌーンティのケーキのセットは秀逸。

3つ選んだケーキが、カゴに入ってでてきます。


f0112304_23313138.jpg


お皿ででてくるより、「私だけの特別なもの」って感じがするから不思議です。

ほとんどの女性客が嬉しそうにカゴのケーキを食べていましたよ。
[PR]
by slow-beauty | 2008-11-06 23:33 | ママライフ