湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

雨の土曜日

雨ですね。
すっかり涼しくなって、今日はこの秋はじめてのニットを着てしまいました。
パープルです。
胸に縦にひらひら~とついていて、ジャズボーカルの師匠金子晴美さんが、褒めてくださったのに気をよくし、お気に入りになりました。

本日は、卒業生の主催するセミナーが鎌倉でおこなわれました。
スタート前に、ちょっと顔をだしてきましたが、とても素敵なサロン。
プロトコールの先生がご自宅をサロンにしていらっしゃる場所で、家具も調度品もエレガント。
そこにいるだけで優雅な気持ちにさせてくれます。


本日の講師Yukikoさんは、青山イメージアップスタジオの時からのおつきあい。
最初は、お客様として、足しげく青山に通ってくださいました。
あれから、もう3年はたったでしょうか。
今は、カラースクールを卒業し、念願のサロンセミナーを開催。
今日のYukikoさんは、立ち居振る舞いも美しく、エレガントでとても頼もしく拝見いたしました。

お客様や生徒さんが、ひとつひとつ夢をかなえていく姿は本当に嬉しいもの。
私にできることは、精一杯サポートしていきたいと思うのです。



さて、今日は子連れです。
サロン訪問の後は、ボーネルンドでひとしきり遊ばせて。

その後、いそいそとお隣のカフェ「ヴィヴモン・ディモンシュ」へ

ここは、何を食べても本当に美味しい!
今日は、ハムのサンドイッチと、プレーンワッフル。
サンドイッチは、パンはふかふか、ハムはたっぷり!
ボリュームがあるけれど、ペロリと食べられます。
ワッフルは、今まで食べた中でも一等賞の味です。
そして、気持ちのよい接客や、並べられた本や、チラシのセレクト、そして音楽。
全てが心地よいハーモニーを奏でる素敵なお店です。

この看板も渋いでしょ。

f0112304_1734970.jpg

[PR]
by slow-beauty | 2007-09-29 17:36 | おすすめのお店

朝時間

朝時間というサイトで、ご紹介いただきました。

朝時間

朝は、猛烈に忙しい時間ですよね。

お勤めの方は、手早く身支度し、朝食をすませ、あっという間にお出かけ。

私が会社員の時は、朝5時30分に起きて、6時30分に家を出ていました。
皆さんはどのようなスケジュールを過ごされているのでしょう。

湘南スローライフといえども、朝は忙しい。

美容、家事、子供の世話、メール・・・


この朝時間のプロデューサー内海さんにお会いしたとき、おっしゃっていた事が印象的で。
「朝、お香をたくのって数秒でいいんです。」

数秒間で、とても贅沢な朝時間がもてる。

ただバタバタと走り回るだけでなく、フッと呼吸が深くなる時間をつくる。

今日一日をイメージしてみる。

それだけで、一日の流れが変わってきます。


そのためにも、ちょっとだけがんばって早起きを♪



でも・・・

どんなに早起きしても、次の瞬間には子供が目覚めてしまう現実!

優雅な朝時間には、あとしばらく時間がかかりそうです。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-27 11:18 | 湘南スローライフ

はじめてのお絵かき

新聞紙を広げて、画用紙を広げて・・・

初めてのお絵かき。

カラフルなクレヨンに興味津々!

握って、かじって、描いて・・・

f0112304_6403592.jpg



この子はどの色が好きになるんだろう。

色とどのような思い出を重ね合わせていくんだろう。

この海の色、空の色に囲まれた幼少期を覚えていてくれるかな。


コーディネーターyokoのブログでも、すきな色が話題になっています。

私が子供の頃好きだった色は、パープル。

「変わってる。」とか「大丈夫か?」なんて言われたけど、大丈夫だったんでしょう。

たぶん。。。

パープルの持つ複雑さや不思議さが好きだったんだと思います。

そして、今でも好きな色であり、似合う色。

好きな色や、その時に気になる色は、如実に内面や気分を表現してくれます。

パープルの私に対して、パートナーの個性は「黄色」

黄色の個性は、好奇心旺盛で、やんちゃで、強気で、頭の回転が早く、寂しがりです。

捕色(反対の色)同士のペアは、時として反発しあい、上手にコーデォネートすれば、お互いを鮮やかに引き立てあうのです。

色と個性。

興味がつきません。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-25 06:56 | ママライフ

アソシエ

現在発売中の日経アソシエの特集「見た目で評価を上げるビジネスファッション指南」から。

f0112304_5293171.jpg


20代の若き経営者ヤッパ社長の伊藤正裕氏のコメント。

厳しい交渉にあたる時ほど、ファッションが心強い武器になる。
自信のない服装で人に会うと、それが気になり自分のパフォーマンスが下がってしまうから。
洋服は自分と一体化し、自信のもてる服装をしていれば堂々とした振る舞いができる。

20代という若さで世界を飛び回りビジネスを展開する伊藤氏にとって、ファッションは欠くことのできないビジネスツールといった感じ。
TPOによって演出を変え、若さが未熟さと受け止められる日本ではダークスーツに白い無地シャツ、欧米では、IT企業では若さは武器。明るい色や柄の入ったアイテムを投入するという。

そんな伊藤氏が、ファッションに目覚めたのはミラノ出張の時。
上下異なるスーツをパッキングしてしまい、現地のミーティング数時間前にプラダ本店に駆け込んだ。
店員にそろえてもらったスーツは体にぴったりフィット。
シャツとタイと靴もコーディネートした。
そして取引先とのミーティングに駆けつけたところ、出席者全員が、サイズも形も完璧な服装をしており「ファッションとはこういうものなんだ」と痛感したそう。

次に紹介されているリンクアンドモチベーションの小笹氏は、
「最初は一点豪華主義でもいい」ので身の丈以上のものを買い、どんどん使ううちに、モノの価値につりあう中身がついてくるという。
忙しい小笹氏は、年に3~4回ゼニアとダンヒルの販売員に商品選びを任せ、スーツと小物をまとめ買いする。店頭での所要時間は10分、商品は自宅へ宅配するというが、多忙なビジネスマンにとって時間こそ価値があるの。賢い方法かもしれません。

そして、この特集最後のクォンタムリーブ代表取締役 出井氏は全身完璧なブルーベースの装いと、姿勢、表情など、立ち姿全体から風格がにじみ出ていて非の打ち所なし。

出井氏曰く、「ファッションとは、その場における自分の立場や役割、スタンスなどを周囲の人が一目でわかるよう伝達するツールです。」

年代の違う3人の社長の姿は、男性のビジネスとファッションの歴史を物語りとても興味深い。

そして、やはり男性にとってのファッションは、スーツの由来がそうであるように、鎧であり武器であるのだと思う。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-23 06:18 | ファッション

やった~

すごいなぁ!
谷亮子さんが、柔道の世界選手権で優勝!
ママでも金!を獲得しました。

授乳や夜泣きで体力がついたという、すばらしく力強いコメント。
でも、合宿中も、宿舎とボクが泊まるホテルを授乳のため往復していたというから、本当に大変な苦労があったことと思います。

私より、おおよそ半年前に出産した彼女。
柔道をやめない理由として、応援してくれる人、自分に期待してくれる人がいるからと、テレビで語っていたのを思い出します。
そして、しっかりと結果を出した。
そのパワーはご主人も絶賛のようです。

f0112304_21573195.jpg


ボクを抱いてスクワットしていたという彼女。
7月まで授乳もしていたということですから、本当に育児で大変な中、人知れず努力を続けてこられたのでしょう。

私も、この1年数ヶ月が走馬灯のようにめぐってしまいました。
授乳しながら、必死でメイクアップしている自分。
銀座で、打ち合わせの後、気がつくと胸のあたりがオッパイでびっしょり濡れていたことも。


一人の時のように動けないいらだちと、周囲の期待にこたえられないジレンマ。

どうにか体制を整えて仕事に臨んでも、気持ちが子供にあるのではと誤解されることも。

そして仕事で子供を人に預けたあとは、愛しさと申し訳なさがこみあげ、抱きしめながら、なんともいえない気持ちになるものです。


それでも、やっと自分のスタイルができてきたように思います。


お仕事をしているのがいいとか、育児に専念するのがいいとか・・・
ということではないと思うのです。
母と子が(家族も)一番満足できるスタイルで。

そして、ママが自分に合格点をつけていることが一番大切なのではないでしょうか。

私も、半年後、自分に「金」をあげられるよう、目の前の事に全力で取り組んでいきたいと思います。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-18 22:14 | ママライフ

EGAO

アパレルの販売員の方へ向けての「笑顔」の講座。

この講座のために、この数ヶ月「笑顔」について研究を重ねました。

そうすると様々なことがわかってきました。


  笑顔は質(種類)が大切であること

  一般的に言われる「口角を上げる」だけでは魅力的な笑顔はつくれないこと

  魅力的な笑顔のための「目」と「頬」の鍛え方


そして、「笑顔は、相手の笑顔を引き出すものである」という基本的なこと。


笑顔でいるために大切なことは、Being「あり方」だということ。
(どのような目的で、何者としてその場にいるかということです。)

要は・・・

真剣に生きている人ほど、表情が豊かで笑顔が輝くということ。

営業スマイルは、口角をあげればできる。
自分をごまかして、にやにや笑うこともできる。

本当に魅力的な笑顔は、もっと、ずっと、奥深いところから出るものなのですね。

f0112304_7115939.jpg

[PR]
by slow-beauty | 2007-09-14 07:14 | コミュニケーション

大切なことは

大切なことは、言葉にしないと伝わらないなぁと。

最近、気をつけています。

家族でも、お友達でも、「伝わっているだろう」と思っていても、しっかり言葉にしないと伝わらない。

言葉は意味もあるけれど、感情もある。

その感情を伝えてくれるのは、「表情」や「話し方」。

明日は、この「表情」のみに焦点をあてた講座をおこないます。

意味と意思が伝わる表情とは?

最重要ポイントは、口角にあらず。

目と頬にあります。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-10 22:18 | コミュニケーション

ヴァンテーヌ

残念だなぁ。

さみしいなぁ。

今年いっぱいか。

f0112304_2201435.jpg


女性誌「ヴァンテーヌ」が今年いっぱいで廃刊になるとのこと。

20代の女性誌ですが、コーディネートや、コピーなどが好きで、定期購読していました。

お洋服やブランドバッグのカタログのような雑誌も多い中、きちんと「コーディネートしている」現実味のあるファッションが気に入っていました。

モデルは外人女性ばかりですが、違和感なく、スタイルブックづくりにも大いに活躍。

ただ最近、編集長が変わり、ロゴや内容も一新。
なぜか、雑誌のボリュームがなくなり、読み応えがなくなっていたのです。

作り手が変わると、同じ雑誌でも、少しづつ変わってしまうものなのですね。


最近、40代、50代女性向けの雑誌創刊が増えているようです。

20代女性が上品な着こなしを学べる雑誌が、また創刊されるといいなと思います。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-09 22:07 | ファッション

ゆらぎ

我が家のリビングの周りはぐるりと水盤に囲まれています。

風のある日は、水盤の水のゆらぎから、海の波へのつながっているようで、リラックス感が・・

f0112304_2339639.jpg


人に快適感を与える1/fゆらぎというのは、このような感覚なのでしょうか。

毎日風も違えば、光も違う。

空も、海も、木々も色や輝きは様々。そして刻一刻とその色を変えていきます。

リラックス感をもらうこともあれば、エネルギーをチャージするときもある。

そして、先日のような台風の時には自然の猛威を肌で感じる。

「今この時」の自然の「気」に身をゆだねている。

そんな家です。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-08 23:57 | 湘南スローライフ

パン★

パンの消費日本一と言われる神戸出身のためか・・・

美味しいパンには目がありません。

朝は、焼きたてパンがあると幸せなのですが。

山の家に引っ越してから歩いて行ける場所には、パン屋どころかコンビニもない。

で、焼いてます。パン★

パン焼き器を使っていますが、けっこうはまります。

市販のパンのように添加物もないので、、子供にも安心ですし、きちんと小麦粉の味がします。

食パン、フランスパン、やわらかパンと、ちょっとした配合と設定で食感も様々に変えられるのです。

f0112304_21514355.jpg


葉山のPatioで購入したスペインの絵皿にのせて。
[PR]
by slow-beauty | 2007-09-06 21:55 | スローごはん