湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はまる~

子育てをしていると、自分の幼少期を思い起こす事が多い。

最近はまっているのが、ミニチュア~

これは、ベビーお世話セットです~

f0112304_21433354.jpg


子供の頃から、小さなものが好きで、ドールハウスに憧れていました。

自分で人形を作ったりするのも大好きだったなぁ・・・

ミニチュアは、そこに小さな別世界がある気がして、その不思感が好きなのです。

自分が住んでいるこの世界も、実はミニチュアで、どこかもっと大きな世界のテーブルの上だったりして。

そう思うと、全てが面白く、可愛らしく見えちゃいます。
[PR]
by slow-beauty | 2007-11-22 21:50 | ママライフ

母のコラム

仕事と帰省を兼ねて、神戸、山口の旅に行ってまいりました。

神戸はいいなぁ。
こじんまりとした街だけど、生活やおしゃれやグルメを楽しむ風土がある。
それも、非日常的なものにお金をかけるのではなく、日々の暮らしの中で楽しむ。

神戸では、仕事をした後、母のいる山口へ。

まもなく70歳になろうかという母は、遠目には20歳若く見える。
なにより姿勢がよい。
「しゃんと」している。


私の仕事の参考になりそうな新聞の切り抜きや、本などをいつも用意していて渡してくれる母。

今回は、「感性価値」に関するコラムと、色と音の「共感覚」に関するコラム。

ともにとても興味深く、仕事のイメージを膨らませるのに役立ちそう。


何よりも「情緒教育」を重んじた「感性派」の母と、毎日を楽しむ神戸の気質。
これが自分の中の柱になっているような気がする。

形にしづらい「感性」を自分のスタイルでビジネスに結び付けてゆくこと。

それに価値を見出していただけうように、日々精進したいと改めて思いました。
[PR]
by slow-beauty | 2007-11-16 20:46 | カラーコーディネート

美術館デビュー

1歳の娘の美術館デビューにふさわしい内容でした。

近代美術館葉山のイリヤ・カバコフ「世界図鑑」絵本と原画展。

f0112304_1620415.jpg


現在は、ニューヨークを中心に活躍している大規模なトータルインスタレーションの現代作家ですが、1950年代から絵本画家として活動していたそうです。
絵本の挿絵と、その原画からなる展示は、子供が見てもわくわく楽しい!

私は特にカラーリングに興味を持ちました。
クールな淡い色を使っている絵が多く、見ていてとても爽やかなのです。
クールなといってもブルーばかりでなく、パーソナルカラーでいうところのブルーベースの黄色やオレンジ、黄緑・・・

塗り絵の本も作っていたようです。
シンプルな線画もとても楽しい。
塗り絵コーナーも設けられていましたが、子供より親の方が熱中して塗り絵している姿がなんとも微笑ましかったです。

色えんぴつを目の前に、誰しもグチを言ったり、不平をのべることはできない。
ただ、心のままに「塗る」のみです。

いいなぁ。塗り絵。

色の勉強を始めたころの初心に戻って塗り絵をやってみよう!

そんな気分になった一日でした。
[PR]
by slow-beauty | 2007-11-06 16:32 | 湘南スローライフ