湘南在住イメージアナリスト藤崎晶子のスロー&ビューティフルな日々


by slow-beauty

<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レバレッジ!


レバレッジシリーズで有名な本田直之さんのセミナーに行ってまいりました。

内容は・・・

「会いたいと思われる人になる
パーソナル・マーケティングセミナー


セミナー開始前のバックミュージックはハワイアン。
東京とハワイでデュアルライフをおくる本田さん。
お写真のイメージと実際にお会いした感じは・・・・
まさにイメージどおり!の方でした。

焼けた肌にTシャツ姿、サングラスを頭にのせたラフなスタイル。
大きな目は力強く、太く響く魅力的な声。。。

講義は、イネス・リグロンの「世界一の美女の造りかた」から入り、パーソナルブランディングの例として、長谷川理恵を出すなど、女性にもわかりやすい内容です。

ワーク中心でしたが、講義の中にも、ヒントになることがたくさんありました。


本田さん曰く、パーソナル・マーケティングが上手くいっている人とは・・・

進みたい方向がわかっており、理想とのギャップを埋めようと努力している人。

そして、貢献しようという姿勢のある人。


逆に上手くいっていない人は、

自分の言いたい事のみ言う。つまり相手を考えていない。ニーズをつかんでいない。

インプットの少ない人。

実際より大きくみせようとしている人。  だそうです。


ワークで面白かったのは、自分にタグを貼るというもの。あらゆる自分に関わるキーワード、自分を表現する言葉を書き出します。
まだ、実現していないものでもOK。

次にアンチタグを貼ります。
こうなりたくない、嫌いな言葉などなど。

難しく考えなくてよいのでたくさんの言葉がでてきますね。

さらに、自分の強みをクリアにするために、人に教えられることを書き出します。
なんと100個!

内容は仕事でなくても、趣味や生活の分野でもOK!


本田さんがどなたかプロデュースする際は、このような作業の中から、「あれ?これおもしろじゃん!おごってでもいいから、もっと聞きたい!」と思うようなことをピックアップするそうです。

さらに、ターゲットをクリアにし、ニーズをさぐり、コンテンツを決めて、切り口を決め、体系立てして・・・・・まさにプロダクトマーケティング同じ手法ですすめます。


さらに、今は、無名の個人の時代だとも。

無名の個人がネットや出版を通じて、自分ブランドを売ることのできる時代なのです。

その中でも、本田さんが着目するのが「マルチスキル」

○○であり、さらに○○というプロフィールです。

この日も、音楽プロデュサーであり、プロフライフィッシャーの四角大輔氏と、医者でありトレーナーであり経営者の湯本優氏の2人がゲストに。

絢香やケミストリー、スーパーフライのプロデューサー四角氏の言葉で印象に残ったのは、プロデュースのポイントは「何もしないこと」だということ。
そのアーティストのよいところをそのまま表現することだそうです。

それでも、本人が魅力に気付いていないこともあるので、助言や、効果的な質問はしていきます。

そして売れるポイントは、オリジナリティがあり、それが「ワクワクする」ものであること。


湯本優氏も、まだ若干30歳ですが、自信に溢れた青年で、今年中盤には、本田さんのプロデュースで出版するそう。
マウンテンバイクの厳しいスポーツの世界に身を置いていた彼の、好きな事、目標に向かって突き進む話もとても清清しく眩しかったですね~。


3名の素敵な男性の話から、藤崎的に感じ取ったことは、

一番大切なのは本来の自分姿であるということ。

本当に好きな事をしている本当の自分。

これを素直に、熱意をもって表現することこそ大切なのだと。


現在生徒さんたちに課している課題「自分研究」も、まさにここにいきつきます。

もちろん私自身も。

常に、別のものになろうとしていないか、自問自答が必要。

そこからスタートです。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-30 14:49 | フリーランス

いよいよ!


セブンシーズンカラーズ、2月生は、いよいよドレーピングに入りました。

まずは、テストドレープという布を、クライアントにあてて、似合い度を見てゆくところからスタートです。

f0112304_21544593.jpg



皆さん、なかなか美しくドレーピングできました。

最初は、緊張して、布の扱いが粗雑になったり、姿勢が悪くなったりしがちですが、指先まで美しくドレーピングできていました。

そして肝心の「似合い度」の見極めは・・・・?

これは、本当に「難しい!!」と思った方が多かったようですね。

100人いれば、100通りの「判定基準」があるのはパーソナルカラー。

ひとつとして同じ顔、同じ顔色、同じ個性がないのですから、「似あう、似合わない」の基準が難しい。

ここで、必要になるのか、カラーリストの「美の基準」です。

何をもって「美しい」というか?「似あう」というか?

ということ。

最初は、これがあいまいなので判断しづらいのです。

この基準づくりのためには「臨床」が必要です。

自分の中に、膨大なデータベースがあって初めて分類、選択、説明ができるのです。


ですから、第1回目でわからないのは当然。

そして、わからないからとドレーピングをやめてしまえば、永遠にわからないまま。

最初はわからなくても、ドレーピングし続けることで、データが蓄積されて正しい答えが導きだされるのです。

そして、ドレーピングしながら、<複数のこと>を、頭で同時に考え、ひとつの答えを導き出すストーリーづくりができるようになるのです。

<複数のこと>とは、クライアントの、色素の要素、ライフスタイル、色の好み、色の経験、目指すイメージ、来店の目的、手持ちのワードローブなどなど・・・・・

その、緻密な分析に、カラーリストの美意識と旬の情報が加わったとき、最良の判定が下せるのだと思います。

生徒さんにとっては長い道のりですが、じっくりおつきあいしますので、ご安心を♪
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-28 22:08 | カラーコーディネータースクール

シャンパンのある暮らし


f0112304_21175036.jpg



f0112304_2118368.jpg



素敵な本を衝動買いしました。

カリフォルニア在住の空間デザイナー門屋宏子さんの「シャンパンのある暮らし」


シャンパンを中心とした美しいおもてなしのテーブルの数々・・・・

ある時は、ナパバレーの壮大な景色とそよかぜに揺れるローズマリーを楽しみながら。。。

ある時は、ドライブウェイに沢山落ちていた白いお花をテーブル一杯に広げて。。。

ある時は、日本の幽玄の空間、お座敷にシルバービーズのプレースマットやキャンドルで不思議になじむ洋の膳を。。。


フロストをまとったシャンパングラス、糸を引くように注がれるシャンパン・・・・・

シャンパンは、なぜか背筋を伸ばしてのみたくなるような、端整なイメージがあります。

グラスを持つ手も、なんだか優雅になったりしませんか?


湘南の夕刻にも、シャンパンは最高にマッチします。

夕日や暮れ行く海を眺めながらのシャンパンは最高!


そして、私がもっとも好きなお酒もシャンパン。

とくれば、これからの季節・・・・・


実は、今、シャンパン断ちしています。

3年ぶりに登壇した、カラースクールのカリキュラムが終わるまでおあずけです。

8月の卒業式には、生徒さんたちと最高のシャンパンを飲みたい。


一人一人の成長と夢への架け橋を祝えるように。

5周年を迎えたスクールが最高の形で、進化することを祝えるように。


なんだか書いているだけで、ちょっと酔っ払ってきましたよ。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-22 21:32 | 湘南スローライフ

まかないこすめ


「自分を大切にする大人になること、自分を好きである自己肯定感こそ大切ですよね。」


子供のために見学に行ったお教室で、先生がおっしゃいました。

その先生の手に目を落とすと、手あれ、ヒビ、あかぎれ・・・・

といった感じで、爪の横からは血が出ているような・・・・・


「この先生は、自分をいたわる時間を持てていないのかなぁ。」

思わず、オイルをべたべたにつけて、ハンドマッサージしたくなりました。


翻って自分の手を見るとどうでしょう。

バレーボールをしていた為に、節が太くなった逞しい大きな手が、かなり乾燥しています。


アウトプットが多い生活をしていると、自分の細部に手をかけ心をかけることができなくなってくるんですね。

で、見かねたのか、卒業生がくださったハンドクリーム。


f0112304_20391072.jpg



「まかないこすめ」のかわいいウサギさんのパッケージのもの。

かわいい外見ながら、その実力はなかなかのもの。

しっとりするのに、サラッとのびてベタつかない!

匂いも残らない!

かなりの優れものです。


娘の高熱、下がったと思ったら一転、水疱瘡。

手付かずの仕事の山!

保育園もベビーシッターもNG!

そんな中でも、ウサギさんを見ながらハンドマッサージする時間は死守したいと思います。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-21 20:37 | ビューティ

一番になる人


シンプルな題名とデザインにひかれて1冊の本を手にしました。

f0112304_20173045.jpg



「一番になる人」  著者はつんくです。

シャ乱Qのミリオンセラー「シングルベッド」。

この曲ができあがったとき、有線放送で1番になる。全国の有線放送で「シングルベッド」が流れる。
そんな妄想を頭に描いたそうです。

そして、それからほぼ毎日のように、全国の有線放送会社に「シャ乱Q]のメンバー全員が電話をかけまくったというのです。
ひとりが、レコード会社の社員の役になってメンバーを紹介、そして他のメンバが自己紹介をし・・・
このような日々が続いて、やがてコンビニや、スーパー、喫茶店などで「シングルベッドが流れる回数が増えていったといいます。
そして、気がつけば百万枚以上のCDセールスが・・・


夢が心の中で描くものであり、目標が頭の中で立てるものだとすれば、妄想には体の内側から湧き上がっているような感覚があります。


なんだかワクワクしますね。
こんな力強い思いがあれば、きっと成功するはず。。。

又、「得意」と「好き」を混同しないことが大切だとも言っています。

一番になる人は、「好き」をとことん極めた人だと。

さらに、猪突猛進ではなく、「売れる理由」を徹底的に研究する必要性もといています。

読みすすめていくうちに、何箇所も蛍光ペンが引かれ、本の端が折られていきました。


そして、読み終えたときに、なんとすごいことに気がつきました。

それは、すっかり「つんく」のファンになっているということ。


マーケティングを教えているようでいて、この本自体がよくできたマーケティングで、ファンを増やすツールになっているのです。

最後になるにつれて、親や祖父祖母への敬意、そして、奥様との出会いへの感謝、また、出版をひかえた昨年の春、双子のお子さんを授かったことが最後に綴られています。

そして、こうしめくくっているのです。

「おまえたちがどんな立場にさらされていようと、誰に何をいわれようと、お父さんとお母さんにとって、おまえたちは一番だよ。」


ね、ファンになったでしょ。


天才的なヒットメーカーでありながら、自分を凡人と表現し、その影の努力や工夫をリアルに伝えている。

分野が違っても参考になること山盛りのオモシロイ本でした。

つんくが関西弁なのが、関西人の私にはさらにプラス要因なのかも。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-20 20:40 | フリーランス

腕の振り上げは、こんな感じで・・・・・


f0112304_2165118.jpg



カウンセリングの授業の後、10分ほどウォーキングレッスンをしてみました。

10名の美女が姿勢正しく歩くさまは、まるでモデル事務所!

表情がまだまだちょっとかたいけど、スクールが終わるころには、ターン&ポージングまでやろうね!

色だけでなく、トータルイメージアップを指導できるのが、セブンシーズンのカラーリスト。

それぞれの受講生が、女性たちの憧れの存在になるよう・・・・・

7月の卒業までに、やるべきことは、まだまだあるね!
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-18 21:09 | カラーコーディネータースクール

上月マリア先生の講座へ


本日は、銀座へ。

上月マリア先生の講座へ行ってまいりました。

上月先生はプロトコールマナーの第一人者ですが、本日はマナーのお話ではありません。

~未来からのメッセージ~
上月マリアの開運セミナー

でございます。


上月先生の講座を始めて受けたのはもう6年くらい前のこと。

渋谷のパルコにあったカルチャーセンターで「マイフェアレディレッスン」という魅力的な講座をされていた時に参加しておりました。

その後、お声をかけていただき、お仕事をご一緒させていただいたり。。。。

今回は、本当に久しぶりの再会です。


美しい縦ロールだった髪を、肩くらいの長さにされ、それをエレガントに巻いていらっしゃいました。

そして、驚いたのは、6年前と同じ黒のロングスカートをお召しだったこと。

このスカートは、完璧にマリア先生の体型にあった美しいものです。

大事に着ていらっしゃるのか、同じものを買い求めていらっしゃるのか。。。

いずれにしても、そのスタイルの普遍性に感動しました。


ロイヤルクリスタル銀座という優雅なサロンでの講座。

その内容は、

第1部 運を引き寄せる人の極意とは?


第2部 未来からのスピリチュアルメッセージ


懇親会のティーパーティというもの。


このお題をみると、何かちょっと怪しげ?な感じを受けるかもしれませんが、その内容は、とても端的で、科学的、物理学の見地を含んだ、理論的、客観的なものでした。

スピリチュアルを知的に理解することこそ大切・・・

そうおっしゃるマリア先生のお話は、全てにおいて納得でき、腑に落ちるものでした。


人類創生の歴史を考えると、私たちが宇宙と繋がっているという事実は明白。

それをいかに感じ、宇宙の力を享受し、活かす事ができるか・・・・・


野原に素っ裸でひとり立っているところを想像しなさい。

とマリア先生は言います。

今までのキャリアや環境など全て排除して。

その時、あなたができることは?

したいことは?

それが、あなたの天職であり使命なのだと。


懇親会のティーパーティでは、このワークが話題になりましたが、皆さん、「できること」を想像するのが難しかったと。
又、現在を持てるものを捨てるのが難しいと。。。


先生は、このようにもお話されていました。


宇宙の力とは

向上心と、無償の愛と、混沌。

つまり進化し続ける力と、分け隔てない環境(宇宙から家賃の請求がきたか?と)、又、複雑で混沌としているものだとも。

だからこそ、こだわりを捨てると楽になる。

そして混沌とした問題と上手くつきあえるのが自立した大人なのです。


さて、こだわりを捨て、裸一貫、何をしましょうか。

私がイメージしたのは、誰かを抱きしめる事。

家族、友人、お仕事を通じて出会った方々、そしてこれから出会うであろう人、

「受け止めること」

それが新しい使命感の鍵になりそうだと実感いたしました。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-15 21:07 | ワークスタイル ライフスタイル

カラースクールでは、いよいよドレーピングの授業が始まりました。

カラーコンサルタントの、メインとなるスキルです。

f0112304_21531514.jpg



100枚以上の様々なドレープの中から、お似合いになる色を選び出す。

繊細な注意力と、イメージング力、そしてコミュニケーション力が試されるスキルです。

この授業が始まると、必ずいらっしゃるんです。

「不安!!!できるかな!!!見えてないかも!!!」

という気持ちに飲み込まれてしまう生徒さんが・・・・


1人、2人、いや10人みても、30人見ても、見えないのはあたりまえです。

100人見れば「ようやくわかった」となり、

300人見れば「誰でもいらっしゃい♪」となります。


私も、最初はわからず、見えず・・・・・

でも不安にはなりませんでした。

不安になるより先に、ドレーピングしたくて仕方なかったからです。

おもしろい、そして喜ばれるのが嬉しい。

ただ、その思いで繰り返しているうちに、気がつけばできるようになっていました。


不安になると、足が、手が、止まってしまいます。

必ず、走りながら考えてください。

前に進みながら迷ってください。

そうしているうちに、あんなに遠いと思っていたゴールにたどりついていると思いますよ!
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-12 21:58 | カラーコーディネータースクール

ちびっことプチ旅行


2歳児、3歳児のちびっこと、三浦海岸のマホロバマインズへ。

帰りは、いちご狩り。

f0112304_18424615.jpg


小さくても甘くでジューシー!

子供たちも夢中です。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-09 18:43 | 湘南スローライフ

呼びかけよう!


しばらく通っていた幼児教室が、先日の木曜日で終了となった。

幼児教室は閉じて、新たに毎日子供を預かる幼稚舎をたちあげるとのこと。

発展的な終了のようです。

残念なのは、担当くださっていたY先生が退職されること。

Y先生は、40代後半のふくよかな女性で、目が大きく、とても明るい方です。

Y先生が素晴らしいということで、参加したお教室でしたが、一番驚いたのは、瞬時に子供の名前を覚える事。
体験で入った子供の名前もすぐに覚えて、大きな声で呼びかけてくれます。
そして多くの子供の苗字と名前を間違えることなく、授業中何度も声かえてくれます。


♪なまえ~それは~燃える~いのち~ひとつの地球に~ひとりづつひとつ~♪

ていうのがありましたねぇ。  ゴダイゴ(!!!)でしたっけ。


人は、名前を呼び合うことで、とても近い存在になりますね。

そして、どのように呼び合うかで、その人との関係が決まってくるように思います。

100%年下のママ友達は、「あきちゃん」と呼ぶ人もいれば、ちょっと遠慮して「あきさん」「あきこさん」と呼ぶ人も。
いずれにしても、○○ちゃんママではなく、名前で呼び合うのが好きですね。
ママになっても、自分の名前をしっかり持つべきでしょう。


夫婦も、子供ができてからも名前で呼び合いたいものですね。
「パパ」
「ママ」
とか呼び合っているうちに、それぞれの存在がパパとママでしかなくなっちゃいます。


さて、Y先生は、もうひとつ素晴らしいところがありました。

まったく参加できず落ちこぼれぎみの娘を、せかすことなくあたたかく見守り、帰りにはしっかりハグしてくれたこと。

このハグがあったから、母子ともに脱落することなく通うことができたのです。


名前&ハグ


コミュニケーションのなくてはならない基本だと思うのです。
[PR]
by slow-beauty | 2009-03-07 11:51 | コミュニケーション